Technology

DHR237 銅タングステン 複合サンプル

被削材 : 銅タングステン(W70%-Cu30%)

加工サイズ : 6.5×8mm 加工深さ1.5mm(微細スリット形状)
                  6.5×8mm 加工深さ1.5mm(微細角柱形状)
                  6.5×8mm 加工深さ3mm(円柱段形状)

使用工具

DHR237(ロングネックスクエア)



●銅電極の加工に特化したロングネックスクエアエンドミル。
●切削性の高さと仕上げ面品位を両立させるねじれ角【37.5°】を採用し、加工面への横スジ発生を抑制します。
●最適化された刃形状とDLC コーティングにより、長時間の高品位かつ安定した加工が可能です。
●銅タングステン電極の加工にも有効です。


切削条件と測定結果

微細スリット形状

【切削条件】

加工工程 荒取り(溝加工) 仕上げ(側面加工)
使用工具 DHR237 Φ0.3×1 DHR237 Φ0.3×2
回転数
(min-1)
25,000
送り速度
(mm/min)
200
100※
150
切込み量
ap×ae(mm)
ap 0.01
ap 0.005※
0.1×0.005
残し代
(mm)
0.005 -
クーラント 不水溶性切削油
加工時間 42分 12分

※ガイド部(上面から-0.05mmまで)の加工



【測定結果】

側面部

面粗さ Ra 0.101 µm

測定機:レーザー顕微鏡 VK-X250



溝幅

溝幅狙い値 0.310mm
溝幅実測値 0.307mm

測定機:測定顕微鏡 MM-60


倒れ 0.001mm以内


【加工のポイント】

スリット形状の倒れ量を極力小さくするため、以下の方法で加工を行いました。

1.溝上面から -0.05mm の位置までは、
送り速度と切込み量を下げ、工具の倒れを抑制するためのガイドを加工します。

2.ガイドより下部を通常の切削条件にて加工します。

3.ガイドの効果で工具倒れが抑制され、
倒れの少ない高精度なスリット形状を加工することが出来ました。


微細角柱形状

【切削条件】

加工工程 荒取り 仕上げ
溝加工 側面加工
使用工具 DHR237 Φ0.5×1.5
回転数
(min-1)
26,000
送り速度
(mm/min)
500 550
切込み量
ap×ae(mm)
ap0.07 0.3×0.02 0.3×0.005
残し代
(mm)
0.05 0.005 -
クーラント 不水溶性切削油
加工時間 13分


【測定結果】

側面部

面粗さ Ra 0.197 µm

測定機:レーザー顕微鏡 VK-X250




溝幅   
AB
溝幅狙い値 0.600mm 0.600mm
溝幅実測値 0.601mm 0.599mm

倒れ 0.001mm以内

測定機:測定顕微鏡 MM-60



円柱段形状

【切削条件】

加工工程 荒取り 仕上げ
Φ1.8ヘリカル加工 側面加工
使用工具 DHR237 Φ0.8×3
回転数
(min-1)
12,000
送り速度
(mm/min)
500
切込み量
ap×ae(mm)
ap0.02
(ヘリカルR=0.25)
0.5×0.02 0.5×0.005
残し代
(mm)
0.25 0.005 -
クーラント 不水溶性切削油
加工時間 33分


【測定結果】

   

面粗さ

α β
Ra 0.182 µm Ra 0.176 µm

測定機:レーザー顕微鏡 VK-X250



中心穴直径

狙い値 1.800mm
実測値 1.797mm

測定機:測定顕微鏡 MM-60

関連動画紹介

銅電極加工用ロングネックエンドミル(DHR237)