Technology

エンドミル加工する上でのポイント

ポイント 注意点とお願い
機械の
剛性
(1) できるだけ
剛性のある機械で
加工して下さい。
(2) 剛性不足の
場合は、
切り込み量や
切削条件を
調節して下さい。
チャッキングと
エンドミルの振れ
(1) 剛性があり、
精度の高い
ミーリング
チャックを
使用して下さい。
(2) エンドミルを
チャッキング
した時の、
刃先の振れを
極力小さく
して下さい。
ワーク
クランプ
(1) ワークの
クランプは
しっかりと
固定して下さい。
(2) クランプ状態が
改善できない場合は、
切り込み量など
切削条件を
調節して下さい。
切削油と
切粉の処理
(1) 切削油は充分に
使用して下さい。
(2) 重切削には、
水溶性
切削油を
お勧めします。
(3) 商品によっては、
乾式専用
のものが
ありますので
注意して下さい。
(4) 乾式切削では、
エアーブローを
使用して下さい。
(5) 切粉は注油や
加工の妨げに
ならないように
注意して下さい。
エンドミルの
選択
(1) 加工ワーク・
加工形状によって、
適切な
エンドミルを
使用して下さい。
切削
条件
(1) 切削条件
参考表を
ご覧ください。
(2) 機械剛性・
ワークの
クランプ
状態によって、
切削条件を
調節して下さい。
エンドミルの
突き出し量
(1) 加工上問題に
ならない範囲で、
できるだけ短く
チャッキング
して下さい。
(2) 突き出し量が
長い場合は、
切り込み量や
テーブル送りなど
切削条件を
調節して下さい。