Technology

PCDSE 超硬合金 コネクタモデル

ワークサイズ 10×10(mm)(加工深さ0.5mm)

被削材 : 超硬合金 92.5HRA
加工時間 : 21時間59分

超硬合金への長時間加工でも、日進工具のPCD工具は高品位な仕上げ面が実現可能です。

使用工具

PCDSE
Φ0.5


●超硬合金の切削加工において安定した良好な切削面を実現。
●超精密加工で要求されるナノレベルの面粗さを得ることが可能。
●耐摩耗性と耐欠損性の両立を図れるNS独自の刃形状を採用。

DCMS
Φ0.3


●超硬合金やセラミックス等の硬くて脆い材料の直彫り加工が可能。
●密着性の高いダイヤモンドコーティングの採用により長時間加工が可能。

切削条件

       
加工工程 荒取り 等高線仕上げ 底面仕上げ
使用工具 DCMS Φ0.3 PCDSE Φ0.5
回転数
(min-1)
120,000 120,000 120,000
送り速度
(mm/min)
150 100 50
切り込み量
ap×ae(mm)
0.0015×0.1 0.002×0.001 0.0005×0.002
加工距離
(m)
98 64
クーラント 不水溶性切削油
加工時間 10時間57分 11時間2分

コメント

加工寸法の誤差は±0.002mmでした。
側面部と平面部の面粗さはそれぞれRa17.0nm/Rz96nmとRa0.7nm/Rz8nmでした。
荒取りでは主軸負荷を軽減することを目的に、Φ0.3の工具を使用しました。

関連ビデオ紹介

PCDスクエアエンドミル(PCDSE)