Technology

DHR237 タフピッチ銅 加工面品位比較

ワークサイズ 8×15(mm)(加工深さ 12mm)

被削材 : タフピッチ銅

使用工具

DHR237
Φ3×15


●銅合金の加工に特化したロングネックエンドミルです。
●切れ味と仕上げ面品位を両立させるねじれ角【37.5°】を採用し、加工面への横スジ発生を抑制します。
●最適化された刃形状とDLC コーティングにより、長時間の高品位かつ安定した加工が可能です。
●銅タングステン電極の加工にも有効です。


切削条件

加工工程 側面仕上げ
使用工具 DHR230
Φ3×15
他社品1
Φ3×12
他社品2
Φ3×15
回転数
(min-1)
10,000
送り速度
(mm/min)
600
切り込み量
ap×ae(mm)
4.5×0.03
クーラント 不水溶性切削油

コメント

加工面比較

DHR237は10時間の加工でも高品質な面粗さを維持できました。
他社製品では加工面粗さを一定に保つことができませんでした。

工具摩耗比較

ネジレ角37.5°によりバリやうねり、切削抵抗を低減できました!
工具寿命を他社品の2倍以上に伸ばすことができました。

上面部バリ量比較

DHR237はバリの発生を抑え、シャープなエッジが加工できました。