Technology

DHR237R タフピッチ銅
曲面·勾配3°形状 加工面品位比較

ワークサイズ 50×50(mm)
(加工深さ 12mm)

被削材 : タフピッチ銅
総加工時間 : 11時間16分

図の形状を8個(2ワーク)加工しました。

単位:mm

使用工具

DHR237R
Φ3×R0.2×12


●銅電極の加工に特化したロングネックラジアスエンドミルです。
●切れ味と仕上げ面品位を両立させるねじれ角【37.5°】と最適化した刃先デザインで、加工面品位が向上します。
●最適化された刃形状とDLC コーティングにより、長時間の高品位かつ安定した加工が可能です。
●銅タングステン電極の加工にも有効です。


切削条件

加工工程 荒取り 中仕上げ
(R120曲面部)
仕上げ
溝加工 等高線加工 走査線加工 走査線加工 等高線加工
使用工具 DHR237R Φ3×R0.2×12
荒取りから仕上げまで工具1本で加工
回転数
(min-1)
14,000
送り速度
(mm/min)
1,500 3,000 1,000
切り込み量
(mm)
ap0.06 ap0.12
ae1.5
ae0.05 ae0.03 ap0.03
残し代
(mm)
0.03 -
クーラント 不水溶性切削油
加工時間
(1ワークあたり)
1時間6分 4時間32分

加工結果

面粗さ

測定位置は図の箇所です。

1個目測定結果

8個目測定結果

DHR237Rは、むしれの無い安定した加工面を得られます。

工具摩耗

コーナー付近の摩耗状態観察結果

DHR237Rは、摩耗進行を抑えることができるため、安定した加工面を持続させることができます。