Technology

DRB230 タフピッチ銅 寿命比較

被削材 : タフピッチ銅
ワークサイズ : 11×40mm
加工深さ : 15.2mm
加工時間 : 1時間45分(1形状あたり)

使用工具

DRB230(ロングネックボール)



●銅電極の加工に特化したロングネックボールエンドミル。
●切削性の高さと鋭い刃形状、DLC コーティングにより、長時間の高品位かつ安定した加工が可能です。
●銅タングステン電極の加工にも有効です。


切削条件

加工工程 荒取り 中仕上げ 仕上げ
使用工具 DRB230 R0.5×4
回転数
(min-1)
40,000 30,000
送り速度
(mm/min)
2,400 2,000 1,500
切込み量
ap×ae(mm)
0.2×0.4 0.05×0.05 0.03×0.03
残し代
(mm)
0.07 0.03 -
クーラント 不水溶性切削油
加工時間 55分 50分

コメント

同サイズの従来品と工具摩耗、ワーク加工面粗さを比較しました。DRB230は本加工において、従来品と比較し約6倍から7倍の長寿命を記録しました。
なお、荒取りから仕上げまで工具1本で加工しました。

工具摩耗比較

測定機:測定顕微鏡 MM-60
グラフ中の写真ポイントは下記「刃先の状態」に対応します。

刃先の状態

ワーク面粗さ比較

測定機:非接触三次元測定装置 NH-3SP

関連動画紹介

銅電極用加工用ロングネックボールエンドミル(DRB230)