Product

銅電極加工用
ロングネックエンドミルシリーズ

バリを最小限に抑え高精度な銅電極加工を可能にするロングネックエンドミルシリーズ!
切れ味と強度を兼ねそなえたシャープな刃先と、安定した寿命に貢献するDLC コーティングで、今までにない切れ味と耐久性で銅電極加工を革新します。
困難だった【銅タングステン】にも長寿命な加工を実現します!

スクエアタイプ DHR237の特長

①側面加工時の面品位を向上させるねじれ角『37.5°』



スクエアエンドミル、刃長は刃径の2倍ぐらいが【剛性】と【使い易さ】で調度良い設計です!
ねじれ角を強くすることで切れ味アップ!
でもねじれ角が強すぎると…刃部の接触点が増えて切削抵抗が増加、加工面に悪影響が出ることも…

切れ味と良好な加工面品位を保つ!これが出来るねじれ角が【37.5°】です。


②『強度』と『切れ味』を両立する刃形状





ボールタイプ DRB230の特長

①切れ味を向上させる刃先と強スパイラル形状

鋭利な刃先角

強スパイラル形状




切れ味の高い刃形状にすることで、バリを抑制し高精度な加工を実現します。


②立壁部でも側面を綺麗に…Rから外周刃までシームレスな刃付け



角張のないシームレスなつなぎで加工面への傷を残さず加工でき、そしてR精度も向上します。

これらの特長とDLCコーティングの相乗効果で、銅電極の加工において、長時間安定した精度を保つ切削加工が可能になりました。




製品の規格および参考切削条件は、こちらよりご確認ください。


  スクエアタイプ DHR237   

  ボールタイプ  DRB230   






加工事例

加工事例① 加工面品位の比較テスト(スクエアタイプ DHR237)

  


詳しくはこちらをご覧ください。



加工事例② タフピッチ銅 寿命比較テスト(ボールタイプ DRB230)

  


詳しくはこちらをご覧ください。



加工事例③ 銅タングステン合金電極モデル(スクエアタイプ DHR237)

  


詳しくはこちらをご覧ください。