Product

CBNエンドミルシリーズ

高硬度材の長時間仕上げ加工に最適。
工具素材にダイヤモンドに次ぐ硬さをもつCBN焼結体を採用したエンドミルです。

CBN焼結体とは

ダイヤモンド 硬さ:Hv8,000〜10,000、CBN焼結体 硬さ:約Hv4,500、超硬合金 硬さ:Hv1,300〜1,800、ハイス 硬さ:Hv800〜900

CBN(Cubic Boron Nitride/立方晶窒化硼素)焼結体は、左表のようにダイヤモンドの次に硬く、超硬合金と比較しても約3倍の硬さを持ち、更に耐熱性・熱伝導性も極めて高い工具材料です。しかしながら、強度・靭性は低くチッピングし易い欠点も合わせ持っています。従いまして、工具刃先に強い力を受ける荒加工にはチッピングし易く不向きですが、切削負荷の少ない仕上げ加工においてはCBNの硬さ、耐熱性の優位性により工具磨耗を抑え驚異的な工具寿命が得られ、特に高硬度材の加工に適しています。

CBN工具とコーティング超硬工具の寿命比較

CBN工具は30個加工しても安定した面粗さ

SKD11(60HRC)仕上げ面粗さの比較検証
(使用工具:ボールエンドミル R0.5)

14mm角ポケット加工

1個目 10個目 20個目 30個目
CBN工具 0.9 μm 1.0 μm 1.2 μm 1.0 μm
コーティング超硬工具 1.0 μm 6.2 μm - -

加工形状に合わせて選べる豊富なラインナップ

  

高硬度で耐熱性のあるCBN焼結体の特性を活かすユニークな工具形状の開発と研削技術の確立で実現した次世代エンドミル。高硬度材の仕上げ加工に長寿命で安定した仕上げ面が得られます。

  
 

スクエアエンドミル

                                      
SMEZ120
⌀0.03〜0.1
SSE400
⌀0.1
SSE600
⌀0.2〜1

ボールエンドミル

  
SMB120
R0.01〜0.05
SFB200
R0.1〜1
   
SSB200
R0.1~1
SSBL200
R0.05〜1
SSPB220
R0.1〜3
SSPBL220
SSPBTN220

R0.1〜1

ラジアスエンドミル

  
SSR200
⌀0.2〜2
SHR320
⌀0.5〜2
  
SSF120
⌀0.2〜2
(平面加工用)

深彫り仕上げ加工事例

被削材 ELMAX 60HRC
加工工程 仕上げ
使用工具 SSPBTN220 R1×1°×16
回転数 [min-1] 16,000
送り速度 [mm/min] 800
切り込み量[mm] ap 0.01
取り代 [mm] 0.01
クーラント オイルミスト
加工時間 8時間47分

ワークサイズ:30×30mm/加工深さ:15mm

【加工後の刃先状態】

R後退量:2μm

撮影倍率:200倍

【加工精度】

面粗さ(Ra) 0.05〜0.15μm
寸法誤差 +0.004〜+0.006mm


高硬度焼き入れ鋼の直彫り加工でも、ナノレベルの面粗さを達成しました。