Product

無限コーティングシリーズ

 TiAlNコーティングをベースに進化し続ける【無限コーティング】を採用したエンドミルシリーズです。皮膜特性として硬度Hv3,400、耐酸化温度1,100℃と、従来のTiAlNコーティングより高い特性をもっており、生材から高硬度材まで被削材を問わず、クーラントも水溶性切削油・不水溶性切削油・エアーブロー・オイルミストなど様々な状況に対応できるオールマイティなコーティングです。一般的にコーティングの効果が得られにくい銅の切削でも摩耗が抑えられます。

皮膜硬度(Hv)

無限コーティング 3,400

酸化開始温度(℃)

無限コーティング 1,100

各種被削材での寿命比較

無限コーティングと他社TiAlNコーティング品による寿命比較データです。

[被削材] STAVAX 52HRC(SUS420J2改)

MRB230 R1x10
摩耗幅0.087mm

他社 R1x10
摩耗幅0.136mm

n:10,000min-1 Vf:1,500mm/min ap:0.1mm×ae:0.2mm
水溶性切削油 加工時間:132分 切削長150m

他社 0.136、MRB230 R1x10 0.087(摩耗幅2/3以下)

[被削材] 炭素鋼 S50C

MSE230 φ6
摩耗幅0.022mm

他社 φ6
摩耗幅0.1mm

n:3,400min-1 Vf:600mm/min ap:9mm×ae:1.2mm
水溶性切削油 加工時間:33分 切削長20m

他社 0.1、MSE230 φ6 0.022(摩耗幅1/3以下)

[被削材] 銅

MRB230 R1x6
摩耗幅0.028mm

他社 R1x6
摩耗幅0.095mm

n:12,000min-1 Vf:1,200mm/min ap:0.2mm×ae:0.3mm
水溶性切削油 加工時間:5時間44分 切削長365m

他社 0.095、MRB230 R1x6 0.022(摩耗幅1/3以下)