Investor Relations

事業戦略

『Made in Japan』を標榜

当社は「Made in Japan こそ最強の戦略」という事業コンセプトを持ち、強固な事業戦略を推進しております。

国内生産にこだわる

  1. 自社開発の工具研削盤を用いた自働化ラインにより、高品質な製品を安定的に供給するとともに、コスト低減も実現。
  2. 製品自体が小さく(直径6mm×長さ50mm程度が中心)、輸送・保管のコストが低い
  3. 超硬合金等の素材も日本製を使用

国内のシェアアップ ⇒ 海外売上高の拡大

  1. 精密・微細加工技術は日本がリード、日本から世界に拡がる
  2. 日系ユーザーの海外進出と海外現地ユーザーのレベルアップ
  3. 工作機械メーカーとの協調、海外代理店の強化(技術面、在庫面 他)

日進工具の経営戦略

ニッチな市場であった超硬小径エンドミルに経営資源を集中することで、この分野において先行できたことに加え、各種製品が小型化・高密度化する流れにも乗って順調に業績を伸ばすことができました。今後は高付加価値製品の販売強化、工作機械メーカー・代理店との関係強化により利益率及び海外売上高比率の向上を図ります。また、新素材工具の研究を進めるとともに、事業の多角化についても引き続き検討してまいります。

①高収益力、②海外拡大、③製品力強化