Product

NS TOOL オリジナルコーティングの特長

皮膜硬度(Hv)

無限コーティングプレミアム 3,600、無限コート 3,400、Xコート 3,000、DLC 4,000

酸化開始温度(℃)

無限コーティングプレミアム 1,300、無限コート 1,100、Xコート 500、DLC 450

無限コーティング プレミアム

無限コーティングプレミアムは、従来の無限コーティングを更に改良し、高硬度材直彫り加工時の工具寿命を飛躍的に延ばしたのが無限プレミアムです。皮膜硬度Hv3,600、耐酸化開始温度1,300℃と極めて高く48HRC~65HRCの高硬度材に適しています。

[被削材] HAP40 60HRC(粉末ハイス)

MRBH230 R1x6
摩耗幅0.029mm

他社高硬度用
摩耗幅0.1mm

n:20,000min-1 Vf:1,600mm/min ap:0.15mm×ae:0.3mm
オイルミスト 加工時間:18分 切削長25m

他社 0.1、MRBH230 R1x6 0.029(摩耗幅1/3以下)

[被削材] PD613 60HRC(SKD11)

MRBH230 R1x6
摩耗幅0.046mm

他社高硬度用
摩耗幅0.163mm

n:25,000min-1 Vf:2,000mm/min ap:0.2mm×ae:0.3mm
オイルミスト 加工時間:62分 切削長100m

他社 0.163、MRBH230 R1x6 0.046(摩耗幅1/3以下)

無限コーティング

無限コーティングはTiAlN(チタンアルミナイトライド)ベースのコーティングでありながら、皮膜硬度Hv3,400、耐酸化開始温度1,100℃と高い特性を持っています。下記事例からも分かるとおり焼き入れ鋼(60HRC)・プリハードン鋼・生材・銅に対しても強い耐摩耗性と潤滑性を有しています。更に、クーラントも水溶性・油・エアーブロー・オイルミストにも対応し、『被削材、クーラント』を選ばない優れたコーティングとなっています。

[被削材] STAVAX 52HRC(SUS420J2改)

MRB230 R1x10
摩耗幅0.087mm

他社
摩耗幅0.136mm

n:10,000min-1 Vf:1,500mm/min ap:0.1mm×ae:0.2mm
水溶性切削油 加工時間:132分 切削長150m

他社 0.136、MRB230 R1x10 0.087(摩耗幅1/2)

[被削材] S50C

MSE230 Φ6
摩耗幅0.022mm

他社
摩耗幅0.1mm

n:3,400min-1 Vf:600mm/min ap:9.0mm×ae:1.2mm
水溶性切削油 加工時間:33分 切削長20m

他社 0.1、MSE230 φ6 0.022(摩耗幅1/3以下)

[被削材] 銅

MRB230 R1x6
摩耗幅0.028mm

他社
摩耗幅0.095mm

n:12,000min-1 Vf:1,200mm/min ap:0.2mm×ae:0.3mm
水溶性切削油 加工時間:5時間44分 切削長365m

他社 0.095、MRBH230 R1x6 0.028(摩耗幅1/3以下)

Xコーティング

Xコーティングは、TiCN(チタンカーボンナイトライド)系のコーティングです。皮膜硬度Hv3,000と高く、その密着力も優れたコーティングですが、耐熱性が500℃と低い為、切削速度100m/min以上の高速加工領域では切削加工時に発生する切削熱に対応できない欠点もあります。従って、切削熱を緩和する湿式クーラントを用いた一般的な切削加工(切削速度 100mm/min以下)で威力を発揮します。

DLCコーティング

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングは、ダイヤモンドに似た性質を持つ炭素膜で、ダイヤモンドとグラファイトの両方を持つアモルファス(非結晶)構造のコーティングです。特長として硬度がHv4,000と高く、摩擦係数は0.1µと低く、膜の表面粗さRa0.02µmと非常に滑らかであり、耐溶着性も優れ、アルミ合金等の加工で良好な仕上面を維持することができます。しかし、炭素皮膜であるが故に鉄系材料を切削加工するとそれに含まれる炭素と親和性が極めて高く鉄系材料の加工には不向きです。従いまして、非鉄系金属材料、特にアルミ合金等の加工に適しています。



各種コーティングの被削材適用表

コーティング種類
無限プレミアム 無限コート Xコート DLC ダイヤモンド


56〜65HRC ★ ◎
45〜55HRC ★ ◎ ◯
プリハードン鋼 ★ ★ ◎
生材 ◎ ★ ◎
◯ ★ ◎ ◯
アルミ ◯ ◯ ◯ ★
脆性材 ★
グラファイト ★