Product

NS TOOL エンドミルの特長

シャープで優れた刃先

仕上げの切り込みが0.01mmでも、優れた面粗さを得ることができるシャープな刃先です。
例えば日進工具のエンドミル(ノンコート)の刃先では、下記の写真のように超硬合金粒子の脱落がほとんど見られません。

日進工具(ノンコート)
他社例

高硬度・高速加工用ボールエンドミル MACH225

高硬度材(60HRC~)への高速直彫り加工用として開発いたしました。従来の高硬度材加工用ボールエンドミルは、スクイ角がネガティブ(負)のため、切削抵抗と刃先にかかる衝撃が大きくなっていました。
MACH225はシャープでポジティブ(正)の刃先形状を採用することで、切削抵抗と刃先に受ける衝撃を少なくすることができ、工具寿命の延長と大きな切り込み量を得ることができます。

他社との加工時間の比較

他社との加工時間の比較(各社の推奨切削条件で下図形状を荒取り加工)

被削材: SKD11 60HRC
加工サイズ: 80mm ✕ 44mm ✕ 4mm

【加工時間】NS TOOL 40min、他社A 270min、他社B 510min

回転数[min-1] 送り速度 [mm/min] 切り込み(ap x ae) [mm]
MACH225 1R 20,000 2,000 0.2 x 0.5
A社 1R 16,000 800 0.06 x 0.6
B社 1R 28,500 2,600 0.04 x 0.1

高硬度加工用スクエアエンドミル MHD445・645

高硬度材加工用エンドミルの刃先は、従来チッピングへの耐性を高めるために、スクイ角を強いネガティブ(負)にしていました。
そのため切れ味が悪くなり、加工精度や工具寿命に影響を与えていました。
MHD445・645は、刃先に切れ味を持たせた形状と、耐チッピング性の富んだ特殊超微粒子超硬合金を採用することで、加工精度と工具寿命の飛躍的な向上が可能です。

他社製品との寿命比較

【加工時間】NS TOOL MHD645 φ10 48.2min、他社A φ10 6.6min、他社B φ10 11.6min、他社C φ10 32.4min

被削材: SKD11 60HRC

加工条件:
・回転数: 3,200 min-1
・送り速度: 1,000 mm/min
・切り込み(ae x ap): 0.1 mm x 15 mm
・クーラント:エアーブロー